2010年05月29日

[アニメ感想]Angel Beats!第9話

天使と音無がコンビを組みSSS団を成仏させようとすることを決意するという、ストーリー上大きな展開があった9話。

しかし、1話の段階で天使は悪いやつじゃないだろうという声はあがっていたわけであり、9話を費やしてまで、引っ張るようなネタじゃない。

しかし、他のSSS団の連中は成仏を望んでいないわけである。
それなのに、成仏はいいことなんだから成仏させてやろうだなんて、薄ら寒いものを感じる。
それってオウムと何が違うんだろう。
ポアされてよかったねってことか。
怖い。

しかし、脚本の稚拙さが目立つよなあ。

冒頭で、わけのわからない理屈により「天使がもとの天使に戻れる確立は100分の1」といわれていたくせに、音無の回想が済んだら天使は復活。
「壮絶な戦いだったわ」の一言で済ます。
なんだ、この茶番。

それと記憶喪失の件。
音無の記憶喪失には、後半に天使の味方につくことの契機というプロット上の意味しかなかったわけである。
つまり、記憶喪失で右も左もわからないから、ゆりみたいな基地外と行動をともにしてきたが、記憶が戻ったら、やっぱ、あいつら基地外だなと気づいたと。

今まで、ブログやなんかで音無の記憶喪失に謎を見出し考察してきた人たちは、どう思ってるんだろう。

ゆりと日向の子供が音無で、死産しかかっているから、音無の記憶がないんだという説がまことしやかに語られていたけれど、そっちのほうが、ずっと面白いと思うんだが。

あと秀逸だと思ったのが、天使はゆりがレイプされたときに身ごもった子供で、ゆりは腹を石で叩くなどして流産を図るが失敗。

ゆりが天使を嫌うのは、無意識的にそのことを感じているためってのがあった。
これには感心した。

実際のアニメよりも、考察している素人たちのプロットのほうが面白いってのはどういうことだ。

こんな糞みたいな脚本を渡された監督以下、製作者には同情を禁じえないが、まあ、あと少しなんでがんばれ。
目覚めない悪夢はないのだから。
といっても、もう製作は終わってるんだろうけどさ。
タグ:星二つ
posted by YenGood at 21:29 | Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[映画感想]ドラゴンボール EVOLUTION

B002AEG2D8ドラゴンボール EVOLUTION 【完全数量限定版】(Blu-ray Disc+DVD)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2009-07-24

by G-Tools


評価 ☆☆☆(五段階)

ドラゴンボール実写化という、観る前から、失敗するのが見え見えな作品。

そもそも、漫画と(実写)映画では必要とされるリアリティの基準がぜんぜん違う。
漫画だから許されることを、そのまま映画にしてしまうと、噴飯モノの出来になることは誰でも予想できることだ。

漫画のなかでも、リアリティのなさ、つまりは荒唐無稽度が飛びぬけて高いドラゴンボールを映画にするだなんて、プロデューサーは何を考えて企画したのだろうか。

どうせクズなんだろうから、クズっぷりを楽しもうと視聴を開始したところ、

「あれ?意外といいんじゃね」

と思った。
もっとも、そう思ったのは開始から5分までのことだったけれど。

漫画のリアリティをどう映画的に落とし込むかという部分では、努力の後が見られなくもない。

たとえば、その最たるものが悟空のキャラづけ。
原作とは違って、孫悟空は高校でいじめられているという設定になっている。
ここらへんは、製作者側の苦心が見えなくもない。

が、それ以前に、プロットやシーンの演出が稚拙すぎる。

たとえば、冒頭で孫悟空とじいさんが組み手をしているシーンがあるのだけれど、そこで悟空は「気が上手く使えない」という。

ところが、そのすぐ後で、好きな女の子(チチ)の気を引くために、気を使ってロッカーを開けてしまう。

なぜ、気が使えるようになったかという説明は一切なし。

これは映画としてのリアリティがないというだけでなく、ドラゴンボール的なリアリティとしてもダメダメだ。
弱者が強くなっていく過程こそが、ドラゴンボールの面白さだろうに。

それから、細かい部分なんだけど、この映画のなかでいちばん笑えたところ(もちろん失笑という意味で)。

じいさんを殺された悟空とブルマが出会い、仲間になる。
これから冒険を始めるんだという重要なシーン。

ブルマはカプセルを取り出し、地面に投げるとそれがガチャガチャと変形して、バイクに変形。
ここのCGはかっこいい。

ブルマと悟空はバイクに乗り込み、颯爽とバイクが走り出す。
そこをロングショットで写している。

ところが、このバイク、めっちゃ遅いんだ。

法廷速度を律儀に守って運転してる原チャリみたいな、のろのろ感で草原を走ってる。

これから、冒険が始まるんだっていうわくわく感がぜんぜんない。

まあ、この映画がダメなのはわかりきったことではあるけれど、憎めないところがあるのは、自分が映画監督だとして、ドラゴンボールの映画化の話が持ち込まれたらと仮定してみたら、途方にくれるだろうということがわかるからだ。

そうした惻隠の情から、星三つにしてみた。
戦闘シーンなんかは、結構いいしね。


タグ:星3つ 映画
posted by YenGood at 21:10 | Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

[アニメ感想]Angel Beats!第6話 あまりに酷すぎて逆におもしろい

評価     ☆(五段階)

ここ数話は、部分的に「あれ?面白いんじゃね?」という箇所があり、序盤の壊滅状態から、徐々に持ち直しているかに見えたAngel Beats!だけど、6話にして、また壊滅状態に。
ここまで、ストーリーが行き当たりばったりで、やすっぽいと、逆に面白く感じてくるものなのだな、そういえば噴飯ものという言葉があるけれど、あれって笑ってるんだもんな。
などと思った。


Aパートは天使と音無のからみ。
ここは、可もなく不可もなくといったところだろうか。
天使はかわいいな。
この糞アニメにおける一服の清涼剤であることにまちがいはない。
とりあえず、天使といちゃついていたら、新しく生徒会長になった直井に地下の独房に入れられた。

さて、見ている誰もが飯を噴出したと思われる、Bパート。

音無と天使が独房にいる隙に、直井がSSS団をつぶしにかかっていた。
あわれSSS団の面々は、直井に殺戮されまくり。

ちょっとした創意工夫により、独房を抜け出した音無の瞳には、仲間たちの死屍が累々とつらなっていた。

なにやら、大変な悲劇が起こっているかのように描写してるし、そう思わせたいのだろうけど、どうせすぐに生き返るんだろうが、こいつら。
テンパっている音無が滑稽でしかない。

しかし、もっと滑稽なのは直井だ。
突如、俺は神だと語りだしたかと思うと、『催眠術』でゆりを成仏させにかかった。

・・・・あのさ。
催眠術って、すごく安っぽいわ。しかも、こいつが催眠術を使えるという伏線なんて何もなかったじゃねえか。

そのうえ、直井が使った催眠術は、ギアスとでもいうべき、人知を超えたもの。
なんなんだろうな。
ここ、それなりのクライマックスなのだろうから、もう少し頭使おうぜ。

シャーリーレベルで、あっさりギアスにかかったゆりを救うべく、音無が直井にタックル。
そして、「お前の人生だって本物だったはずだろおおおおお!!!」とか、名言らしき言葉を吐く。
ひねくれてしまった直井を立ち直らせようとしている。つまりは、人と人の心が通じ合う感動的なシーンとして描いている。
らしいのだけれど、これ、成仏させにかかってるよね。

ここで音無が直井のことを思いやっているのか、それとも成仏しろや、この野郎と腹黒く考えているのか、さっぱりわからない。
たぶん、前者なのだろうけど、音無は直井になぜこんなにも感情移入してるんだ?
仲間を殺してたんだぞ、こいつ。

Angel Beats!には、いくつもの病理が見られるんだけど、そのうちの一つ。
キャラの行動や心情が支離滅裂。
が今回も出てしまったなという印象。

タックルされただけで、ぺらぺらと自分の人生を語りだす直井。
今まで、敵として銃弾を浴びせていた天使に頼るゆり。
敵になぜか感情移入してしまう音無。

もうさ、普通の人間はこんなふうに感情が動くわけねぇよって話のオンパレード。


posted by YenGood at 02:18 | Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

[アニメ感想]Angel Beats!第5話

評価 ☆☆(五段階評価)

このアニメに関しては、できるかぎり、毎週、感想を書いてみることにした。

それは、このアニメが明らかな失敗作であるからだ。
予算がなかったから作画崩壊したなどの、凡百の失敗作ではなく、あくまで個別的な、とても特徴的な、そういう後世に残すべき、ケーススタディとして、記述しておくことに、なんらかの意義を感じたからである。

もっとも、このアニメを見ていくうちに、だんだんと楽しくなってきたことは否めない。

クズをクズであると指摘すること、つまり、事実を指摘することによる快楽。
たしかに、それはあるけれど、正直に言って、だんだんとこのアニメは面白くなっているんじゃないかという、ちょっと自分でも認めたくないような感覚もたしかにあるのだ。

ひょっとしたら、このアニメが終わるころには、大絶賛していたりすることになるのかもしれない。
それはない。
とは思うけれど、ないともいいきれない。

とりあえず、僕は正直に感想を書くことにしよう。
つまらなければ、つまらないといい、
面白ければ、面白いという。

単純なことだけれど、なかなか、それはできることではない。


さて、第五話。

Aパートでは、天使のテストを策略により、赤点にするというミッション(笑)をSSS団が行う。

簡単に言えば、ギャグパートである。

正直に言って、ここは面白かった。
つまり、笑えた。

このアニメ。ギャグがだだすべりなところが見ていて、辛いというか、こんなギャグで笑いが取れると思ってるのか麻枝は、というある種の哀愁すら感じさせるところがあったのだけれど、今回に関しては、なかなかよかったんじゃないかと思う。

着やせするタイプってのは、くすりときたし。

ただ、このAパートもただのギャグに終わらないところがこのアニメの怖いところだ。

ヒロインであるゆりっぺが狂人にしか見えない。

今まで、自分たちとは隔絶した存在として扱われてきた天使が、『実は自分たちと同じく普通の人間なんじゃないか』という予感とともに、この嫌がらせは行われる。
主人公の音無は、普通に天使と会話をしている。
それなのに、天使の答案をすり替え、赤点にするのだ。

いじめにしか見えねぇよ、これ。

あのさ、根本的なことだけれど、このSSS団って、見ていて、本当に馬鹿としか思えないのね。

根拠薄弱なゆりっぺの言葉を妄信しているところとか。
しかも、ゆりっぺに毎回のように殺されるっていうのに、カリスマとして扱っているところとか。
とても、まともな知性を持っているようにはとても思えない。

このゆりっぺの元ネタであるハルヒ。

たしかに、このキャラもクレイジーだ。
いかれてる。
もっとも、平気で部下を殺すゆりっぺに比べれば、ハルヒなんてあくまで常識の範囲内で理解できるキャラだとは思うけれど。

だけど、ゆりっぺに比べれば、はるかに常識人のハルヒに対してSOS団の連中は妄信しているわけじゃない。
ここがポイント。

それぞれのSOS団のキャラは、それぞれの思惑を抱きながらハルヒに忠誠を誓っているという振りをしている。
ここは、谷川流の、ドライな感性が現れていて、とても好きなところなんだけど、こういう、まともな感性がAngel Beats!にはない。

まともな人間だったら、こんな行動はしないだろっていうシーンが次々に出てくる。
ついていけない。

もっとも、この不自然さも、おそらくは、後半の伏線回収で明らかにされるのだとは思う。
というか、もしも、その伏線回収があったとしても、このアニメの破綻っぷりはどうやっても回収できないように思えるんだけど。

あとさ、前にも書いたかもしれないけれど、本当にリアリティのレベルがめちゃくちゃだよ、これ。

天使に対して、平気で銃をぶっぱなしていたっていうのに、天使が麻婆豆腐を孤独に食べているシーンを思い描いて、天使にシンパシーを感じるとかさ。

その前に、殺そうとしていてことを反省しろよ。

たぶん、主人公が天使側につくっていう、ストーリー展開なのだけど、稚拙すぎるんだ、その流れに持っていくのが。

このアニメの唯一の美点は、天使がかわいいってこと。
そして、いじめの加害者の視点から物語を描いてみせたってところ。

もっとも、いじめっこの側に、いじめだという意識があるのかどうかが定かじゃないんだけど。
posted by YenGood at 03:36 | Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    タグクラウド
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。