2011年06月11日

『僕は友達が少ない』の詐欺行為がひどい





僕は友達が少ない (MF文庫J)
僕は友達が少ない (MF文庫J)平坂 読 ブリキ

メディアファクトリー 2009-08-21
売り上げランキング : 655


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



『僕は友達が少ない』というのは、アニメ化も決まっている人気ライトノベルである。

ためしに1巻を買ってみたら、思いのほか面白く、ついつい、最新刊である6巻まで買ってしまった。

このラノベの面白さっていうのは、ギャグ描写にある。
2ちゃんねるなどのネット文化に慣れ親しんだ人でないと、ちょっとギャグに乗りづらいかと思うが、僕はネット文化に慣れ親しんだ人に当たるので、かなり笑えた。

それから、妹である小鳩のかわいさがかなりのもの。人気ヒロインである星奈もなかなかかわいい。

つまり、キャラ萌えと、ギャグ描写で、このラノベの9割くらいはできあがっている。

ってことは、ストーリーには、あまり力が入っていないってことじゃないかと思われる方がいらっしゃるかもしれないが、そのとおり。
ストーリーはうんこみたいなもんだ。

ストーリーの主軸としては、主人公と夜空、星奈の二人のヒロインのあいだで繰り広げられる三角関係ってことになるだろうが、主人公がラノベ主人公的に鈍感なので、ぜんぜん話が展開しない。

しかし、うんこはうんこで別にいい。
この小説は長所は別のところにあるのだ。
決して、うんこ部分を売り物にしているわけではないのだから……、と言い切れないのが、このライトノベルの悩ましいところである。

週刊マンガによくあることだけど、その回の最後で、インパクトのある展開を持ってきて、読者の興味を来週まで持続させるってのがある。
たとえば、バクマンでは、その手法を使い過ぎたために、ストーリーやキャラ描写が徹底的に破壊された。
あの編集長はなんなんだ?
あんなに頭の悪い人間に、ジャンプのトップが務まるのだろうか?

この小説でも、その手法が使われている。
その巻ではストーリーはほとんど進展しないのだが、最後の最後で、ストーリーが進展しそうなエピソードを持ってきて、次巻への興味を持たせるのである。
これに、まんまと引っかかった結果、僕は6巻まで、買ってしまった。
あの編集長よりも頭の悪い行為である。相当に頭が悪い。

この小説の極悪なところは、その「ストーリーが進展しそう」な予感が、実際に次巻を読むと、まったく裏切られるってところである。

大きな波がきそうな予感だけはしっかりと示されるのに、次巻の冒頭で、あっさりとその波はスルーされ、また、だらだらとした日常にもどって行く。

たとえば、4巻の最後の展開はこんな感じだ。

主人公が父親と電話で話している。
父親は、(ヒロインである)星奈と主人公が結婚することになっていると、星奈の父親から聞いたと話す。
ここで、4巻は終了。

さて、星奈と結婚ってどういうことだ?と次巻へのストーリーへの期待はマックスになっているだろう。
あなたはマックスではないかもしれないけれど、僕はマックスだ。

それでは、5巻の冒頭ではどうなっているか?

主人公が父親と電話で話しているシーンの続き。
父:星奈の父親は電話してきたときに酔っていたから、わけのわからないことを話したのかもなあ。
主人公:きっと、そうだよ。

終わり。

え?!
酔ってたんだろうなあ、で終わり?そんなんだったら、なんでも言えるじゃねえか。
あなたは憤りを覚えるだろう。仮にあなたは憤らないにしろ、僕は憤った。

ついでなんで、5巻の最後にも触れておこう。

ヒロインの一人である夜空が実は主人公の幼なじみであることが、他の部員にばれた。
これは今まで、主人公と夜空だけの秘密だったのである。
さて、夜空の恋のライバルである星奈はどうするのだろうか?

次は6巻の展開。

星奈は、主人公と夜空が幼なじみであったことを知って驚くが、よくよく考えてみたら、そんなことはどうでもいいことに気づき、一件落着。

まあ、たしかにどうでもいいっていえば、どうでもいいわな。
だけど、そんなどうでもいいことを、5巻のラストで示して、興味を引くなよ。
それから、夜空と実は幼なじみっていう要素は、今までの展開でまったく生きてないってことも指摘しておこう。


ついでなんで、6巻の最後にも触れておこう。

ケイトというキャラ(どうでもいいようなモブキャラ)が主人公と恋仲になってもいいかなあと発言。
しかし、ケイトは「(あなたには)星奈さんがいるからしょうがないね」と意味深なことを言い残し、去っていく。
最後の文章は、こう締めくくられている。

『ケイトが最後に残した言葉の、その後半部分―――「星奈さんがいるからしょうがないね」の意味を俺が知るのは、それから間もなくのことだった。』

それ4巻のラストで示されてたよね?
2巻も使って、ぜんぜん音沙汰なしで、作者も書いたのを忘れてたのかと思ってたのに、いまさら持ってくるのかよ、それ。

この作者に言いたいことはただ一つ。
とっとと、決着つけろ。
そもそも、決着をつける気がないのなら、決着がつきそうな文章で次巻まで引っ張るのをやめろってことだ。

6巻のアマゾンレビューでも、批判的な意見が少し出てきている。

僕は友達が少ない 6 (MF文庫 J)
僕は友達が少ない 6 (MF文庫 J)平坂読 ブリキ

メディアファクトリー 2011-05-25
売り上げランキング : 91


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





posted by YenGood at 19:44 | Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    タグクラウド
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。