2012年09月02日

民主主義は善を育てない。ただ単に、悪を抑えるだけの機構である。

(福田 恒存「日本を思ふ」より)

民主主義は最善の社会をもたらす最善の方法ではなく、ただ単に最悪の事態を避けるための消極的=防衛的方法に過ぎない。もしそれを最善の方法と考えたとしたら、民主主義ほど始末に負えない代物はないであろう。
言うまでもなく、民主主義は君主、支配者、政府権力などの強者を、その利己心の横暴を抑制する手段として思いついたものである。
その意味において消極的=防衛的なのである。
機構の隅々に安全弁を備え、強者の利己心、すなわち悪の跳梁を抑制し防御しようというわけである。
つまり、敵を仮想した思想であり、敵意に備える思想である。

が、悪を抑えるという消極的行為はそのまま善を生む積極性に転じはしない。
悪を行う能力の喪失は善を行う能力の育成を意味しない。人がもし個人の力を以て悪と戦い、これを抑えようとすれば、それは勇気という美徳に通じる。同時に、この美徳の花の根方には利己心という蛆虫も巣食っていようが、この戦いは負ければそれきりの結果論で処理されてしまう。
それでは救われないと思った人間の「知恵」が個人の力の代りに機構の安全弁という物を発明した。
そうなれば、強者の悪を抑えるのに勇気もいらなければ、その他のいかなる徳目もいらない。道徳の介入する余地はどこにもなくなった。万事は法と規則で片が付く。

こうして百年たち、二百年たち、民主主義は見事成功したのである。
強者、実力者をがんじがらめにする機構、なんなら機械と言ってもよいが、それに頼って生活しているうちに、人間は善を行う能力を失い、そしてまた自他の悪をおさえることをそのまま善行と勘違いするようになったのである。
そこへきたのが大衆の蜂起である、というより、そうなれば大衆の蜂起あるのみである。強者の自己主張と自己正当化をおさえることに長年専心しているうちに、その方法がいつの間にかそのまま大衆の自己主張と自己正当化の武器に転化してしまったのだ。

当然、民主主義は蜂起した大衆、すなわち新時代の強者に対しても、その悪を抑制すべき役割を引き受けねばならぬわけだが、実情はそうはいかない。
なぜなら、民主主義は悪そのものを抑制する道徳原理ではないからだ。民主主義は発生的にも本質的にも、強者の悪をおさえる政治的原理に過ぎない。弱者がいかに多数と集団を頼んでも、それが飽くまで弱者である限り、これを抑えることはできない、少なくとも本質的にはその能力はない。
既に明白なことだが、大衆は民主主義の安全弁を常に逆用する。
彼らは「……してはいけない」という消極的理念を、あるいは「……すれば、危険である」という防衛的理念を盾に、自己主張と自己正当化を謀る。

私は民主主義を否定しているのではない。民主主義だけでは駄目だと言っているのである。今日、私たちの政治体制として民主主義以外のものは考えられない。とすれば、政治や政治理念だけで、今日の政治的混乱を処理することは不可能だということになる。
大衆の蜂起はもはや日本だけのことではなく、徐々に世界的規模にまで拡大して行くであろう。
単に学生運動に限らない、恐ろしいのは利己的と怠惰と破壊と、そしてそれらを動機付けし理由づけする観念の横行である。
考えるとは今ではそういう観念を巧みに操ることを意味するようになってしまった。
そういう世の中で本当にものを考え、ものを育てていくことがどんなに難しいことか。


日本を思ふ (文春文庫)
日本を思ふ (文春文庫)福田 恒存

文藝春秋 1995-05
売り上げランキング : 211935


Amazonで詳しく見る
by G-Tools










タグ:思想
posted by YenGood at 19:35 | Comment(0) | 思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

剣道で胸を張る理由

(甲野 善紀「古武術からの発想」より)

甲野 明治維新後、それまでの日本の伝統的な武術を西欧化させる傾向は、柔道のみならず剣道にも見られたんです。

―――それはどういう点ですか?

甲野 いま剣道では、胸を張り背筋を伸ばした姿勢を『正しい姿勢』としていますけど、ああいう「気をつけ!」的な姿勢は、明治になって軍隊の訓練にドイツなんかの方法を導入してからだと思いますね。

それ以前の剣術の姿勢は、幕末や明治の初めのころの剣客の写真を見ても、江戸時代の伝書の絵を見ても、皆、胸を落としたものばかりで、胸を張ったものなどまったく見当たりませんから。

つまり、明治時代になって欧化主義の嵐にみまわれ武道のほうも、その根本的姿勢、スタイルをその時代に合わせるように改変したのでしょう。まあ、当時としてはそうせざるをえない社会的背景があったのだと思います。
なにしろ、維新直後は剣術の稽古をしているだけで、京都なんかでは反政府主義者と見られたといいますからね。ただ問題なのは、日本が日露戦争で勝ったあたりから、変に自信を持ち出して皇国日本の自意識過剰になり、明治の初期に改変した姿勢やトレーニング方法を、まるで昔から伝わってでもいるかのように言いふらしたことですね。

ただ、これと似たような傾向は古武道界などにもあり、大正や昭和に新しくつくった武道の新技法が、まるで江戸時代、あるいはもっと以前から脈々とひそかに伝わってきたような話をでっちあげてしまうこともけっこうありますからね。

たとえば、私が親しくさせていただいている古武道界の長老の名和弓雄先生は、私に、ある古流武道家を名乗る人が、「我流には他家を訪問して、いきなり斬りかかられたとき、咄嗟に自分の敷いていた座布団で敵刀を防ぎ、身を守る法が伝わっています」というような説明をして、その型まで演じられたときは笑い出しそうになるのをこらえるのが大変だったと話してくださったことがあります。

―――それは、なぜおかしいのですか?

甲野 昔、つまり刀を日常的に帯びていた江戸時代以前は庶民はもとより武士の家で座布団を使うという習慣はまったくなかったからです。
私は詳しくは知りませんが、座布団というのは、昔、遊郭で使われていたのが、明治以後、一般化したという話もあるようです。

とにかく、江戸時代ならあるはずのない座布団で敵の太刀を受けるというのは、武士の時代が終わってから誰かが考えついたものであることは明らかです。
ですから、その型が代々受け継がれてきたなんていうことはありえないわけですね。

古武術からの発想 (PHP文庫)
古武術からの発想 (PHP文庫)甲野 善紀

PHP研究所 2003-02
売り上げランキング : 224792


Amazonで詳しく見る
by G-Tools










タグ:武道
posted by YenGood at 17:25 | Comment(0) | 武道、格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCゲームの輸入盤が安すぎる

最近、デッドラジング2を購入したんだけど、このPC版の値段が1800円。

Dead Rising 2 (PC) (輸入版)
Dead Rising 2 (PC) (輸入版)
CAPCOM
売り上げランキング : 4520


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


デッドライジング2は、輸入盤だけど、ちゃんと日本語字幕が出ていたので、なんの問題もなかった。
ただ、最初にマイクロソフトに登録しなくちゃいけなくて、それがかなり面倒だったけど。
登録しないと、セーブができないらしいのだ。
あれは、なんとかならないもんなんだろうか。

バイオハザード5とかも、だいたい同じくらいの値段で売っているので、今度はそっちをやってみようかと思案中。

グランドセフトオート4の輸入盤は1580円。

Grand Theft Auto: San Andreas(UK版) (輸入版)
Grand Theft Auto: San Andreas(UK版) (輸入版)
シンアイ商会
売り上げランキング : 232


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


グラセフ4の日本語版だと5400円くらいなのに、この値段差はいったいなんなんだろう?
どういう仕組みで、こんな値段差がついているのか、謎。
タグ:ゲーム
posted by YenGood at 14:39 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大山倍達が語る「強いとはどういうことか」


(夢枕獏「薀蓄好きのための格闘噺」より)

もう17年以上も前になると思う。
極真空手の創始者、大山倍達総裁にお会いしたことがある。

大山総裁はそれまでのノンコンタクトの空手から、フルコンタクトの空手を作り上げた人物である。伝統派空手の試合は、それまで実際に相手に拳や蹴りをあてないで行われていたのだが(沖縄では、今も、当てて試合をしている流派もある)大山氏が主催する極真会館の空手の試合は、実際に相手の身体に拳や蹴りをあてるルールを採用したのである。

漫画「空手バカ一代」のモデルとなった方であり、アニメにも映画にもなったので、ご存じの方も多いであろう。
すでに故人となられてしまったが、自らの体験から発せられる言葉は迫力があって、真実味があった。

ある雑誌で、毎回さまざまな流派の格闘家と会って対談をするという企画があって、その仕事でお会いしたことがあるのだが、大山総裁の話のおもしろさは特別だった。

「強いとはどういうことですか」

毎回、何人かの格闘家の方たちに同じ質問をしたのだが、一番シンプルで、しかもユニークであったのは大山総裁の答えであった。
質問は実のところ、かなり抽象的なものになっているところがミソ。
答えはなかなかむずかしい。正解のない問いであり、ともすれば「心である」と答えたくなってしまうところだ。

大山氏は、ぼくの目の前に両手を持ち上げて、二本の親指を突き出してみせた。

「あなたね、強いというのはね、この二本の親指で逆立ちができることなんですよ」

ころりとした、太い、丸みのある、どちらかと言えばやさしい親指であった。
もちろん、おっしゃる以上、大山氏はそれができるのである。
氏は若い頃、親指と人差し指の間に、立てた十円玉をはさんで、二つ折りにすることができたという。

「それができるとね、たとえばわたしは、この二本の指(親指と人差し指を見せて)で、あなたの鼻をもぐことができるのです。耳だって、ちぎることができます」

静かな声でおっしゃるのである。

「こんな人間とケンカしたがる人がいますか」

おりません。
半分は、対談相手であるぼくへのサービスとしても、強さと精神とを結び付けて考える答えが多いなかで、徹底した肉体論をもって答えを示した大山氏の言葉は、リアルにぼくの耳に今も残っているのである。


薀蓄好きのための格闘噺
薀蓄好きのための格闘噺夢枕 獏

毎日新聞社 2007-09-01
売り上げランキング : 799164


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:武道
posted by YenGood at 14:22 | Comment(0) | 武道、格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    タグクラウド
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。