2010年04月26日

[アニメ感想]Angel Beats!が糞アニメである3つの理由

B003FZ0M0KAngel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス 2010-06-23

by G-Tools


評価 ☆(五段階)

AIR、CLANNADのライターとして知られる麻枝准氏が全話脚本を手がけたことで話題となったAngel Beats!が4話まで放映された。

このアニメ、必見だと思う。
なにしろ、ろくでもないのである。

とても制作費をかけたアニメであると思われるのに、このぐだぐだっぷりはなんなのだろう。

ということで、以下、そのダメな理由を書いてみようかと思う。


1 登場人物の死生観がめちゃくちゃ

死んだ後の世界が舞台になっていて、登場人物たちはたとえ死んでも少し時間がたつと生き返るということになっている。
そういうわけで、仲間といえどもバンバン殺しまくっていて、そのさまがギャグとして扱われている。

さて疑問。
死んだら生き返るからといって、人はむやみに人を殺したりするものだろうか?
死んだときには、気が狂いそうなほど痛いらしいのだが。

たとえば、現実世界で人を殴ったとしても死ぬわけじゃないし、傷だってすぐにいえる。だからといって、普通の人間は人を殴るという行動をしたりはしない。

もっとも、これはフィクションの世界なのだから、フィクションなりのリアリティというものがあってもいい。
たとえば、撲殺天使ドクロちゃんのなかでは、毎回主人公が殺されていて、それがギャグとして成り立っているように。

しかし、ドクロちゃんはクレイジーな性格の持ち主として描かれていた。
このアニメのヒロインであるゆりっぺも多少エキセントリックな性格の持ち主であるようだ。

が、それと同時にゆりっぺはまともな感受性を持った、普通の女の子でもあるらしい。

そして、この二つの要素が激しい違和感を引き起こしている。

それが、あらわになったのが第二話。

Aパートでは、仲間をギャグ感覚で殺しているゆりっぺは、Bパートに入ると急に生前の陰惨な過去について語りだす。
なんでも、強盗に無惨に兄弟を殺されたのだという。

ぽかーんとなった。

なぜ、そんな経験をした人間が、いくら生き返るからといって、簡単に仲間を殺せるのだろう?わけがわからない。

ちなみに、仲間をぽんぽん殺すこのゆりっぺは、主人公に言わせると「立派なリーダー」らしい。
どこが?

2 主人公が空気

主人公の音無は記憶をなくしている。
だからというわけでもないだろうが、まったく個性がない。
仲間が言うことを鵜呑みにして、一話目で生徒会長の女の子に銃弾をぶちこんでいた。
この生徒会長は「こっちから攻撃しなければ、自分から攻撃してくることはない」そうである。

つまり、防戦しかしないというのに、それ以降も生徒会長に平気で銃弾を浴びせ続けている。

個性がないというよりも、それ以前に、そもそも自分で思考することができないのではないかと思わざるをえない。


3 キャラが多すぎて、誰が誰だかわからない

三話では、バンドのボーカルをやっていた岩沢さんという女の子が成仏し、消えてしまう。
そもそも、この世界でロックバンドが必要とされる意味がいまだにわからないのだけれど、それはさておき、ここは感動するところらしい。

Aパートで岩沢さんが生前の不幸話を唐突に話し始めるのだけれど、この時点で岩沢さんが何者なのか、見てるこっちにはほとんどわかっていない。
バンドでボーカルをやっているということを知っているだけだ。

どんなキャラなのかも、よくわかっていないってのに、いきなり不幸話をされても困る。

また、この岩沢さんが成仏し、消え去ったあとも、仲間たちは特に悲しむ様子もなかった。
岩沢さんの大ファンだというピンク髪の少女にいたっては、悲しむどころか、岩沢さんの後釜をねらって、バンドのボーカルに立候補してはしゃいでいたくらいだ。
ひょっとして、仲間たちも岩沢さんがどんな人間なのか、わかっていなかったのだろうか?



ということで、このアニメが糞である3つの理由をあげてみた。
もっと理由をあげろといわれれば、1ダースほど、これに追加できるのだけれど、自重しておく。

本当にダメダメなアニメなのだけれど、ここまでダメダメだと、逆に興味がわいてきた。
たぶん、最後まで視聴を継続するだろう。










posted by YenGood at 17:19 | Comment(2) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今度「シャーロット」が始まりますね。
それで放送前特番を見ていたら、やたらと「AB」の話を繰り返します。
P.A.さんにとっては労作だったのかも知れませんが、はっきり言ってまあ、いわゆるクソアニメでした。放送当時、義務感で見つつ「ああこりゃダメだ…」と毎回脱力したのを覚えています。
今回、「シャーロット」でやたら力を入れつつ「AB」を再度持ち上げているので、あの時感じていた「ダメダメ感」ってどうだったか、と検索していてこちらを発見しました。
いやはや、全くもって同感です。
本当に、放送当時こう思って見ていた人が、自分だけではなく、つまり自分だけがひょっとして評価がおかしいのか、気付いていない部分があるのかといった疑念が氷解しました。
ありがとうございました。
Posted by アニメ視聴歴30年 at 2015年06月23日 16:06
アニメ視聴歴30年さん。
コメントありがとうございます。そして、コメントおそすぎてごめんなさい。

あのアニメは、見ているときはいろいろ疑問が残るできでした。
まあ、最後はその不出来っぷりも楽しくなってきたんですけどね。



Posted by soright at 2016年01月16日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事
    タグクラウド
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。