2012年08月26日

麻薬を愛した文学者たち

(中島らも「獏の食べのこし」より)


この世には「中毒もの」なるジャンルが明らかに存在する。あるいは薬物による影響が認められる作品をくり入れていけば、これはかなりあなどれない一体系を形成するにちがいない。

ボードレールの詩篇には、「ハシシュ」なる一編があるのを見てもわかるように大麻系のアルカロイドの影響が見られる。極論を唱える人にいたっては、ボードレールの詩学の根幹をなす万物照応(コレスポンダンス)の論理はハシッシュによって研ぎ澄まされた諸感覚のもたらしたものだと主張して譲らない。ボードレールはまた阿片チンキの常習者でもあった。

ドイルの創り出したシャーロック・ホームズは堂々たるコカイン中毒者である。推理という作業にはなるほど精神昂揚作用のある薬物はおあつらえむきにはちがいない。ドイル自身の電気を読んだことがないので推測だが、おそらく作者本人も精妙なストーリーテリングを維持するためにはコカインの力にあずかるところが多かったのではないだろうか。

阿片系の薬物、モルヒネ、ヘロインなどに溺れるのは昔は文士の一つの典型的スタイルのようなものだった。ジャン・コクトーには「阿片」という、そのものずばりの詩集がある。フランスの大詩人で「手紙」という戦時中の名作で知られるアンリ・ミショーはライフワークとして「みじめな奇蹟」などの、薬物による精神状態の記述を何冊も残している。これを詩篇と勘違いして買ってしまうと、興味のない人には二、三頁も読めないだろう。実にトリビアルでねっちりとした記録である。

オルダス・ハクスレーの「知覚の扉」もこの手の本としては名高い。恐怖小説の古典である「ねじの回転」の作者、ヘンリー・ジェイムスの父親は「笑気ガス」による幻覚の記述を残している。変わったところでは「仮面の孔」なる奇作を書いたジャン・ロランはエーテル(シンナー)愛好者で、その幻覚をもとにこの作品を書いている。

ヘルマン・ヘッセも大麻の愛好家で、「荒野のおおかみ」に出てくる、宿のランタンが闇夜のむこうで水晶のように輝く幻想的なシーンは非常に大麻幻覚的な描写であるといわれる。その他、サルトルのメスカリン体験の手記やアントナン・アルトーの阿片編、稲垣足穂のアルコール中毒による「鬼」の幻覚の記述など、いずれも面白い。

日本では麻薬の規制がたいへんに厳重なので、さすがにヘロイン文学などはあまり見ないかわりに睡眠薬中毒、ヒロポン中毒の作家は枚挙にいとまがない。芥川龍之介の短編、「歯車」のシーンはまさに睡眠薬中毒の幻覚そのものだし、同薬の中毒者としては太宰治や川端康成が有名だ。

(中略)

亡くなった澁澤龍彦氏の小文の中に次のような記述を見つけて深くうなずいた覚えがある。つまり、LSDによろうが、何十年という荒行の結果であろうが悟りの境地というのは同じものであって、辿り着く道順がちがうだけの話だ、
という、主旨である。同感だ。

それともうひとつ、僕がこれらの中毒ものにひかれるのは、その魂の欠落のありようをはっきりと手でなぞることができるからである。男が半身である女を求める、女が球の半分である男を求める、それと同じように中毒者たちはその欠落部を注射器による幻覚で埋め尽くそうとする。そして、そこにはちょうどデスマスクのように、白い粉でできた哀しい鋳型がひとつできあがる。たぶん、そういった冷え冷えとした哀しみに僕は中毒しているのだろう。

獏の食べのこし (集英社文庫)
獏の食べのこし (集英社文庫)中島 らも

集英社 1993-01-20
売り上げランキング : 695643


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by YenGood at 18:32 | Comment(0) | 歴史・宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事
    タグクラウド
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。