2012年09月02日

剣道で胸を張る理由

(甲野 善紀「古武術からの発想」より)

甲野 明治維新後、それまでの日本の伝統的な武術を西欧化させる傾向は、柔道のみならず剣道にも見られたんです。

―――それはどういう点ですか?

甲野 いま剣道では、胸を張り背筋を伸ばした姿勢を『正しい姿勢』としていますけど、ああいう「気をつけ!」的な姿勢は、明治になって軍隊の訓練にドイツなんかの方法を導入してからだと思いますね。

それ以前の剣術の姿勢は、幕末や明治の初めのころの剣客の写真を見ても、江戸時代の伝書の絵を見ても、皆、胸を落としたものばかりで、胸を張ったものなどまったく見当たりませんから。

つまり、明治時代になって欧化主義の嵐にみまわれ武道のほうも、その根本的姿勢、スタイルをその時代に合わせるように改変したのでしょう。まあ、当時としてはそうせざるをえない社会的背景があったのだと思います。
なにしろ、維新直後は剣術の稽古をしているだけで、京都なんかでは反政府主義者と見られたといいますからね。ただ問題なのは、日本が日露戦争で勝ったあたりから、変に自信を持ち出して皇国日本の自意識過剰になり、明治の初期に改変した姿勢やトレーニング方法を、まるで昔から伝わってでもいるかのように言いふらしたことですね。

ただ、これと似たような傾向は古武道界などにもあり、大正や昭和に新しくつくった武道の新技法が、まるで江戸時代、あるいはもっと以前から脈々とひそかに伝わってきたような話をでっちあげてしまうこともけっこうありますからね。

たとえば、私が親しくさせていただいている古武道界の長老の名和弓雄先生は、私に、ある古流武道家を名乗る人が、「我流には他家を訪問して、いきなり斬りかかられたとき、咄嗟に自分の敷いていた座布団で敵刀を防ぎ、身を守る法が伝わっています」というような説明をして、その型まで演じられたときは笑い出しそうになるのをこらえるのが大変だったと話してくださったことがあります。

―――それは、なぜおかしいのですか?

甲野 昔、つまり刀を日常的に帯びていた江戸時代以前は庶民はもとより武士の家で座布団を使うという習慣はまったくなかったからです。
私は詳しくは知りませんが、座布団というのは、昔、遊郭で使われていたのが、明治以後、一般化したという話もあるようです。

とにかく、江戸時代ならあるはずのない座布団で敵の太刀を受けるというのは、武士の時代が終わってから誰かが考えついたものであることは明らかです。
ですから、その型が代々受け継がれてきたなんていうことはありえないわけですね。

古武術からの発想 (PHP文庫)
古武術からの発想 (PHP文庫)甲野 善紀

PHP研究所 2003-02
売り上げランキング : 224792


Amazonで詳しく見る
by G-Tools










タグ:武道
posted by YenGood at 17:25 | Comment(0) | 武道、格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
人気記事
    タグクラウド
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。