2013年01月20日

ヤクザへの対処法

(溝口 敦 著『暴力団』より)

かりに読者が、会社の総務部とか渉外部、あるいはお客様センターなどに勤めていて、どうしても暴力団の組員らしい人と会わなければならなくなったときはどうすればいいのでしょう。

逃げ切って会わずにすますという手もあるでしょうが、暴力団は「お金になる。自分に有利になる」と見れば、とてもしつこい相手ですから、会うまでは何回も電話をかけてきます。それも嫌ですね。

会わずにすますため、先方が言いたいことを文章にしてファックスで送ってほしいとか、メールに添付して文章を送ってください、などとは言えない場合もあります。そんなことを伝えれば、余計に紛糾する心配があります。

いち早く嫌なことを終わらせるため、会うのも一つの手です。会ったところで読者が暴力を振るわれる可能性はゼロと見て、構いません。組員もなんらかの目的をもって来訪します。暴力を振るったら、その目的を達せられず、警察にすぐに引っ張られますから、暴力は振るってこない、と安心してよいのです。

相手が一人で来るなら、読者が一人で会ってもかまいません。もちろん、二人以上で会ってもいいのですが、トラブルがらみで組員と面談という場面では、胆力というか人間力を見られることも考慮に入れましょう。

「こいつ、びびってやがる」などと組員に思わせるのは相手を図に乗らせるし、癪ではないですか。ですから、覚悟を決めて一人で会うのも選択肢の一つです。

会うときにはICレコーダーなり、録音機器をテーブルの上に置いて、「お話をテープに録ってもよいですか」「録音させていただきます」などと相手の了解を求める方法もあります。相手が「構わない」と言ったら、たぶん相手は言葉尻をとらえられないよう慎重な物言いになるはずです。

組員が恐れるのは恐喝や強要の証拠を残すことなのです。

ですから「テープなんかやめな。お宅が形式ばったことをするなら、こっちも態度を変えるぜ。街宣車を出してもいいんだ……」などと言ってくるかもしれません。

広域暴力団はたいてい傘下に右翼団体を抱えています。そういう右翼の街宣車を動員して社屋を囲み、大音量でがなりたてるぞ、という脅しです。

聞き捨てならない言葉です。

「街宣車ですか。それは穏やかな話ではないですね。私では対応できないので、警察官に立ち会ってもらいます。構いませんね」

と、冷静に返す手もあります。

表面的には事態が大事になっていくように見えますが、暴力団組員は警察が嫌いだし、なにより逮捕、勾留や服役を恐れています。彼らはまちがっても「警察官?上等だ。呼ぶなら呼べ」とは言わないでしょう。

それより、

「あんた、わかってないね。俺は話し合いにきてるんだよ。そんな角張ったことを言ったら、話し合いにならないじゃない?」

などと、向こうから話の方向を修正する可能性が高いと見るべきでしょう。
その上で、暴力団の目的をはっきりさせて、対処することです。



暴力団 (新潮新書)
暴力団 (新潮新書)溝口 敦

新潮社 2011-09-16
売り上げランキング : 9605


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by YenGood at 23:09 | Comment(0) | 裏社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

イタリアンマフィアとは?



ゴッドファーザーなどの映画でイタリアンマフィアに興味を持った人は多いのではないでしょうか。


(シルヴィオ ピエルサンティ「イタリア・マフィア」より)


・なぜ、ミラノのような大都市ではなく、シチリアのような田舎でマフィアが発達したのか。

それには、シチリアを支配した外国勢力の態度が大きくかかわっている。
フェニキア人、ギリシャ人、ビザンチン王国、アラブ、ノルマン、ドイツのシュタウフェン王朝、フランスのアンジェ王朝、スペインのブルボン王朝など、彼らの目的は個人的な富だけで、シチリア経済の発展や社会の安定などには眼もくれなかった。
その結果、シチリアでは人心の荒廃が進んだ。このような社会情勢を土壌としてマフィアは発達していくことになる。

・マフィアに求められる性格

マフィアになるためには、男らしい性格でなければならない。男らしいとはなにか?一言で言えば、凶暴ということだ。
もちろん、ホモセクシャルなどは論外。他の異常性癖者もマフィアには厳禁である。
イタリア・マフィアは売春と賭け事をビジネスとして行うことはない。この二つは名誉ある男のする仕事ではないとみなされているからだ。
マフィアの主要な資金源は麻薬である。



イタリア・マフィア (ちくま新書)
イタリア・マフィア (ちくま新書)シルヴィオ ピエルサンティ Silvio Piersanti

筑摩書房 2007-03
売り上げランキング : 61439


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by YenGood at 21:42 | Comment(0) | 裏社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランク・シナトラが受けた屈辱





(シルヴィオ ピエルサンティ「イタリア・マフィア」より)


・フランク・シナトラが受けた屈辱

1960年代、アメリカのコーザノストラは新たな大使として、フランク・シナトラを大使としてシチリアに送った。
シチリアで次期の大ボスとして有力視されていた、ジェンコ・ルッソに会うためだ。
シナトラは気がすすまなかった。
しかし、シナトラとしても、その命令に背くことはありえない。マフィアの後ろ盾なしに、シナトラの歌手としての成功はありえなかったのだから。
シチリアに着いたシナトラに対し、ジェンコ・ルッソは最大の屈辱を与えた。

フランク・シナトラの泊まるホテルへ車が到着し、シナトラをドン・ジェンコの屋敷へ案内した。シナトラはボディガードを一人もつけなかったが、それはドン・ジェンコの敷地内にいる限り、、自分の身柄は安全だとドン・ジェンコに示すためだった。

シナトラは彼に弱みを見せたくなかった。田園の巨大な家の中庭に降りていく。その家は特別に豪華とも言えなかった。ボスはブドウ畑を訪れているので、待っているように言われた。1時間後、遅れたことには一言もなく、大きな広間に案内された。中央の大テーブルには、豪華な食事が用意され、12人の男たちが腰かけていた。ドン・ジェンコは当然のごとく主賓席に座る。他の男たちはまるでボスのクローンのように見えた。皆真っ白のワイシャツとサスペンダー、ノーネクタイ、毛深い胸板を誇示し、十分に手入れをした黒ひげをはやし、コッポラ(ベレー帽)をななめにかぶっていた。



皿にはまだなにものっていなかったが、皆すでに赤ワインを飲んでいた。ボスは大きなスープ入れを三つ持ってこさせる。一つはヒヨコ豆とパスタのスープ、シチリアの名物料理である。実にカロリーの高い料理だ。しかしマフィアは健康のことは考慮しない。コレステロール値が高いことより以前に別の理由で死ぬことが多いからだ。どんなときでもどんな場所でも起こりうることである。生きている間はできる限り人生の喜びを味わっておこうと考える。

次の日も、その次の日も、シナトラは健康診断の結果を気にする余裕もなく席につかされた。ドン・ジェンコから最も遠い席だった。空の皿に、銀の杓で料理が盛られる。決まって最後がシナトラである。マフィアの伝統的なしきたりなのだ。ゲートインした競走馬がレースのスタート合図を待たされている時のように、ボスが食べ始めるのをみんなが待つ。ボスが一口目を口に入れると同時に全員が同じように食事を始める。何分かは食べる音だけが聞こえ、誰も話をしない。

美味だったことを示す儀式として、お皿に残ったソースをパンですくって食べる。これもボスが始めると同時に全員が真似をする。

自家製の大きなパンを左手で胸の前に持ち、右手でズボンの右ポケットから自分のジャックナイフをだし、一切れを胸の方向に切り落とす。次に左側の人にパンをまわす。その人もナイフをポケットから出してパンを切る。パンがシナトラにまわってきた。シナトラは赤面して、パンをどうしたらよいかわからずにいた。彼はふだんナイフなど持ち歩いていなかったのだ。全員が信じられないという様子でシナトラを見た。『名誉ある男』がジャックナイフひとつ持っていないなんて、ロビンフッドが弓を持っていないか、三銃士が槍を持っていないかという事態だ。目をつむれないことである。「うんざりするやつだ」と年配の男が若者に冷たく教える。

ドン・ジェンコが給仕に「ドン・フランチェスコにナイフを」と命令する。『ドン』(尊敬の意)をつけてナイフを持たない男を皮肉った。これは最高の冷やかしである。嵐のような笑いをさそった。

会話は、最近の殺人罪のことや、政治家の友人の手助けで行った違法な入札についてだった。
ボスは上機嫌のように見えた。フランク・シナトラは屈辱を受け、仲間外れにされていた。ボスは彼に一言もかけず、食事が終わるまで完全に無視した。最後にテーブルから立ち上がったボスは、突然厳しい口調でシナトラに「それで?」と尋ねた。ジョン・ケネディ大統領の個人的な友人で、ハリウッドスターのシナトラ。何百万人ものファンを抱え、世界中の美しい女性が彼の足もとにひざまずき、アメリカのコーザノストラの大ボスから大使として送られてきた男、高圧的で喧嘩好きの男が、一言も答えられなかった。

ボスの質問は一言だったが、多くの意味合いが含まれていた。
「それで、誰がボスだかわかったか?それで、本当の『名誉ある男』がどんなものかわかったか?それで、自分たちがビジネスの仲介にきた男をどのように扱うかわかったか?それで、ここではアメリカの監視は必要ないことがわかったか?もし来たかったら来てもかまわないが、指揮をとるのは俺たちだ。それについて異存はないな?」

実に明白だ。シナトラは同意しうなだれる以外にはなかった。ボスの車でホテルに送られたシナトラは、ボディガードにすぐに旅支度を整えるように命令し、彼のプライベートジェットでニューヨークへ向かった。無事でよかったと思いながら。あのとき、生きてドン・ジェンコの家から出られないのでは、と本気で思ったのだ。

ヤクザへの対処法


イタリア・マフィア (ちくま新書)
イタリア・マフィア (ちくま新書)シルヴィオ ピエルサンティ Silvio Piersanti

筑摩書房 2007-03
売り上げランキング : 61439


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



タグ:マフィア
posted by YenGood at 19:50 | Comment(0) | 裏社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

青山 光二著「ヤクザの世界」の抜粋

ヤクザのケンカの原因をつきとめていくと、いちばん多いのが顔の問題である。喧嘩を買わなかったり、身内が顔をつぶされたのを、オトシマエ(解決)をつけないままですませたりすると、あとあと差しさわりがある。つまり、ヤクザモンとして生きていく上に支障をきたすという、稼業上の現実的な理由が、喧嘩の原因となるのである。

出入りをひかえて、特に訓練をすることもある。浅草の寺で、某親分の葬式があったとき、乗りこんでいって、宿敵をピストルで射ち殺したという事件があったが、この男は一月も前から射撃の練習をしていた。大森の海岸で、岸壁の上に卵をずらっとならべて、夜明け方に射撃の稽古をした。一月ちかく毎朝やった。そして、葬式の当日乗りこんでいって、ちゃんと狙った相手を殺している。こういうことになると、ヤクザは一生懸命やるようだ。
もっとも、ほんとにどうしても殺そうという場合には、ピストルよりも短刀がいちばん確実な武器になる。親分衆がよくいうことだが、どうしてもやってこいというときは、短刀を渡す。ピストルではダメだ。ピストルは証拠が残らないから、おどかすのにはいいが、殺そうというときには、短刀を持っていって、相手に抱きついてしまう。そこでえぐれば確実である。

(人を殺した後、居酒屋で酒を飲みながら警察を待っているときに)気がついてみると、こっちは血刀をぶらさげたまま。はなそうと思っても、刀がどうしても手から離れない。筋肉が硬直してしまっている。巡査に言って、刀を手からもぎとってもらって、やっとお縄をちょうだいしたという。

博徒は寺に、テキヤは神社に縁が深いというのは興味深い。賭博開帳の際、場所代の意味で胴元かの収益から差し引くかねをテラ銭というのはもちろん、昔の博徒が寺の一室を借りて開帳することが多く、謝礼として収益の一部をお寺に贈ったことからきているのである。

四分六の兄弟分というのは、親分乾分の関係とあまり変わらない場合が多い。七三にいたっては、さらにそうである。もちろん、正式の盃事をして、これで四分六の兄弟の盃がすんだということになるわけだが、四分六になったということになると、四分のほうの舎弟は、たとえば座布団に座っておっても、六分の兄貴がその座にきたら、座布団をおりなければならないというくらいの違いがある。なお、五分五分の盃事には盃を二つ使うが、四分六や七三の場合には一つの盃にみたした神酒を、兄貴分おほうが六分なら六分まで呑み、あとを相手にさげてやるのである。

四分六の盃いは、こういう場合がある。たとえば、Aという男がBという男に盃をさげてもらいたい、つまり、乾分になりたいという場合に、Aにすでに親分があったとすると、二人の親分を持つということはできないから、四分六の兄弟ということになるのだ。名前は兄弟分だけれども、こういう場合、実質は親分乾分みたいなもので、それぐらいの隔たりがある。


ヤクザの世界 (ちくま文庫)
ヤクザの世界 (ちくま文庫)青山 光二

筑摩書房 2000-09
売り上げランキング : 264379


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by YenGood at 21:21 | Comment(0) | 裏社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

溝口敦著「撃滅山口組VS一和会」

(溝口 敦著 『撃滅 山口組VS一和会』より)

(一和会と山口組の抗争時、警察が一和会の肩を持っていたことを証する事実として)
一和会幹部宅を警備する機動隊員も出入りする組員をボディチェックせず、チャカを自由に出入りさせていたともいう。

田岡の死後、山口組の分裂から一和会との抗争に至る経緯には、警察のかくされた意図があった。従来の警察力による山口組壊滅から、分裂を促し、自壊を早める方向への戦術転換である。


一和会の幹部は悔いをにじませて言う。
「田岡親分の長男満さんは、自分は堅気と、口を開けば言うけれど、やっていることは果たして堅気なのか。事件が好きで金が好き、争いごとに介入するのが好きときている。本業の甲陽運輸は赤字じゃないか。あそこの社員だって満さんには手を焼いている。余計なことばかりするって。
分裂したのは一に満さんが原因だ。彼は事件にはからむくせにしょっぴかれるのは大嫌いときている。警察におどされると一も二もない。分裂の少し前、警察は満さんとフミ子姐さんに、四代目を早く決めろ、でないと満さんを逮捕するとおどした。それで姐さんはあわてて竹中を決めたのだが、山本広会長代行を無視した無理筋の選任だったため、我々も一和会に頼らざるをえなかった」


細田は解散時に系列組員130人を抱えていたが、この程度が直系組長たちの平均的勢力である。したがって、直系若衆一人をやめさせれば、その子分たち130人を山口組からさいたとも考えられるが、これは机上の空論で子分たちは必ずしも親分と行をともにするわけではない。山口組の本部預かりにあったり、別の直系若衆の組に吸収されたり、さらには乾分のうち頭立つ者が後を受けて組を率い、山口組の直系若衆に取り立てられたりで、山口組の組員総数にはほとんど影響がないのが常である。


およそ暴力団ほど手ばなしで欲望を肯定し、その実現のためには手段を選ばぬものたちはいない。彼らの生き様は恣意であり、いずれ幼少期から学校や家庭の規範を嫌った者たちの末である。
だが、そういう彼らにあっても、ナンバー1に所属することは誇るに足る。所属すれば、組織の規範は免れようがないが、なお山口組を選ぶ。


山口組、一和会ともに、この頃には近い将来、抗争が不可避であることは覚悟していた。事情がどうであれ、一和会は組を割って、対抗する別組織を作った。そのまま放置はできない。しかも、もともと同根だから、末端にいけばいくほど、しのぎは相互に重なっている。ややこしい関係はいつか紛糾をよばぬほうが不思議だった。


稲川は三十七年に引退した住吉会顧問阿部重作の老後の資金づくりのため箱根で総長賭博を開帳。一晩で史上空前といわれた五億五千万円を動かし、テラ銭四千四百万を上げた。この罪に服して稲川は昭和四十四年から三年間、服役していた。このため住吉会は稲川に借りを作り、同会も稲川の出所に大量動員をかけることは眼に見えていた。
(中略)山本健一の異常ともいえる稲川歓迎は十ヶ月後にようやく謎をとくことになった。四十七年十月、稲川会が田岡邸を訪れ、後見人もたてない略式で両組織間の盃事を行った。すなわち若頭山本健一が稲川組理事長で横須賀一家組長の石井唯博と、若頭補佐益田芳夫が稲川組専務理事で箱屋一家組長の趙春樹と、それぞれ兄弟分の盃をかわしたのである。これで両組間の友誼関係は確立した。山本は病身の田岡にかわる山口組の実質リーダーだったし、益田は横浜にあった、もっとも頻繁に稲川会と接する山口組の前衛だったからである。


もっとも法治国家は彼ら自身の勝手な裁きを許すわけにはいかない。彼らの勝利はたとえば殺人罪という表社会の語に翻訳されて処罰の対象となる。そのため、暴力団の勝利はつねにマイナスを付加されるから、マイナスに耐えられる体力をもって初めて勝利が勝利になる性格をもつ。


事務所や居宅に向けた拳銃の発射は、発覚すれば、人を傷害すると同程度の刑を受ける。にもかかわらず、ガラス割りはほとんどの場合、室内にいる人間を傷つけず、効果を疑わせる襲撃法である。が、その安易さから今では暴力団間に愛用される攻撃法となった。







撃滅 山口組VS一和会 (講談社プラスアルファ文庫)
撃滅 山口組VS一和会 (講談社プラスアルファ文庫)溝口 敦

講談社 2000-06-20
売り上げランキング : 14247


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by YenGood at 14:33 | Comment(0) | 裏社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    タグクラウド
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。